-ささやかな胡桃パン-

『海外文学』と日々のたわいもないノート

ダメ人間たちに映し出されるアメリカの苦悩/『十二月の十日』ジョージ・ソーンダーズ

アメリカ文学
ジョージ・ソーンダーズ
『十二月の十日』

十二月の十日

十二月の十日

この短編集の登場人物たちが「ダメ人間」であるというのならば、紛れもない、僕も間違いなく「ダメ人間」である。だからあまり言わないで。彼らを「ダメ人間」だなんて。

というのも、この『十二月の十日』というジョージ・ソーンダーズの短編集の書評などを読んでみると、そこかしこに「ダメ人間」という言葉で彼らを表現しているのを見かけるからである。

いや別に、見下してそんな風に書いているのではないのだろうけども、彼ら登場人物たちに普通に共感してしまう僕は、その評を見て「あ、僕はダメ人間なんだ」と思ってしまったわけで、それはまあその通りなんだけども、何というか、この短編集を読んでいて少し心の安らぎを得られたなぁ、と思ったところでまた突き離されたような、そんな感覚になってしまったもので。ああ書評に振り回されてはいけない。

まあね。「ダメ人間」で何にも間違っちゃいないんだけども。笑。しかしですね、その「ダメ人間」たちがいいんです。愛すべきダメ人間たちよ。あなたたちに僕は救われたのです。

とまあ、そんな「ダメ人間」たちが沢山出てきて、アメリカという国が抱える問題やその歴史、さまざまな苦悩を映し出す鏡になってくれているというのがこの『十二月の十日』という短編集の主成分なのである。いやアメリカだけの話じゃないんだけども。

そういえばこないだ読んだブレニヤーは、ソーンダーズの教え子らしいけど、この短編集の雰囲気、国や世界の社会問題を個人や家族の行動や声に落とし込むやり方とか、ちょっとSFチックな設定とか似てるね。

www.sasayakana-kurumipan.com

師匠のほうが俗っぽい感じが強いかなとは思うけど、どちらも基本的に読みやすいし、面白い。

ソーンダーズの文体は今の若い作家が一番真似したい文体だという話なので、とりあえずこの『十二月十日』を読んでおけば今のアメリカ文学の傾向がわかるのかもしれないね。

興味がある方、もしくは「愛すべきダメ人間」達よ、是非。