ささやかな胡桃パン-海外文学と遊ぶ

主に『海外文学』と『読むこと書くこと』あれこれエッセイ

『デミアン 』ヘルマン・ヘッセ

ドイツ文学

ヘルマン・ヘッセ Hermann Hesse
デミアン 』(1919)

デミアン (新潮文庫)

デミアン (新潮文庫)

  • 作者:ヘッセ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1951/12/04
  • メディア: 文庫

若い頃に読んでいれば、非常に刺激的でかつ深く共感したに違いない。若い頃の自分を思い出し、懐かしさを感じてしまうのは僕がオジさんになったからである。

そのときデミアンは、われわれはあがめる神を持ってはいるが、その神は、かってに引き離された世界の半分(すなわち公認の「明るい」世界)にすぎない、人は世界全体をあがめることができなければならない、すなわち、悪魔をも兼ねる神を持つか、神の礼拝と並んで悪魔の礼拝をもはじめるかしなければならない、と言った。-さてアプラクサスは、神でも悪魔でもある神であった。-『デミアン』(新潮文庫)より

アプラクサスは僕らの中に在る。それに気づいてから此の方、ただのオジさんになった今でも悪魔との戦いや葛藤は絶えない。絶えることはないだろう。まあそんなものである。懐かしさとか言いながら、変わっていないのであった。笑。

もしカイン(カインとアベル)が悪ではないとしたら。戦争が悪ではないとしたら。そう考えるのにはとても抵抗を感じてしまうが、起きてしまったことを嘆き悲しみ、それに絶望したとしても、必ず未来には希望の光が見えてくるのだと信じたい。ヘッセのように。

デミアン』は希望の物語である。